男女

防犯カメラによる犯罪抑止効果|信頼性の高い防犯対策

カメラとレコーダー

防犯カメラ

防犯効果の高い防犯カメラですが、その種類は多岐に渡ります。数ある防犯カメラはそれぞれに性能が異なり、設置を考える際にはその中から設置目的合ったものを選ばなければなりません。防犯カメラを選ぶ時には、幾つかのポイントに注目して選ぶとよいでしょう。そのポイントの一つ目として、防犯性能が挙げられます。防犯カメラは、映像を録画することで犯罪が起こった時に映像を証拠として残すことができる防犯機器です。しかし、カメラの性能によっては撮影された映像が証拠として効果を得られない場合があるのです。その性能というのは、解像度です。解像度は映像の鮮明さに大きく関わる要素で、解像度が低いと映像は不鮮明なものになってしまうでしょう。映像が不鮮明なものとなった場合、犯人の顔等を特定することが困難になります。その逆に、解像度が高く映像が鮮明なものであれば、容易に犯人を特定することができるのです。
防犯カメラの選び方については、カメラの解像度というのは重要なポイントですが、レコーダーの解像度も同様に重要です。レコーダーは映像を録画するための機器で、カメラの解像度が良くてもレコーダオーの解像度が低ければ録画された映像が不鮮明なものとなってしまいます。そのため、解像度の高いカメラを選択するのであれば、レコーダーもそれと同等の解像度ものを選ぶ必要があるのです。また、レコーダーについては操作性も重要になります。レコーダーの操作性が悪いと、過去の映像を見返す際に手間と時間が掛かります。より早く犯罪に対する対応を行うためにも、操作性の良いレコーダーを選択しましょう。